まるごと天然温泉郷、かけ流しの湯。
豊富な噴出量。お肌サラサラ・スッキリ透明健康の湯。
小野嶽、大川の清流。
日本の美しい原風景。
まるで時代の流れに
取り残されたかのように、
山あいにたたずむ「大内宿」
自然が創った芸術品、塔のへつり
美しい南会津の大自然
むかしと今が出逢う懐かしい日本がある
いで湯と渓谷の里 湯野上温泉へようこそ

湯野上温泉観光協会 
新型コロナウィルス(COVID-19)感染防止に伴う宿泊受入指針

【旅行者の皆様へ】

  • 当県の緊急事態宣言は解除となりましたが、福島県知事からの「県を越えての移動自粛要請」もあり当面(概ね6月いっぱいを目安)は、県を越えての湯野上温泉への観光・宿泊は極力お控えいただきますようお願いいたします。
  • ご宿泊の際は、施設側が提示する衛生管理に準じてお過ごしいただくようお願いいたします。

【加盟宿泊施設の皆様へ】

  • 三密を避ける運営はもちろん、公共スペースへの消毒液の設置、業務中のマスクの着用、随時手洗いを徹底していただくようお願い致します。
  • 可能な限り、共有スペースをお客様にお使いいただく際は時間をずらす、概ね2mを目安とした距離をあけて利用できる設えにするなどの運営を  心がけるようお願いいたします。

※コロナ禍下であり随時状況が変化しております。指針内容も状況に応じて随時更新いたします。

むかしといまが出逢う
懐かしい日本がある

阿賀川(大川)の渓谷沿いにある温泉地、湯野上温泉は、江戸時代からの会津の奥座敷の湯治場として賑わいました。
茅葺き屋根が印象的な湯野上温泉駅の南側に、約30軒の温泉宿を中心とした温泉街が広がります。
近辺には国指定天然記念物の渓谷「塔のへつり」や江戸時代の宿場町が残る「大内宿」、
寒地性植物、高山植物の群落が見られる「中山風穴公園」など見所がたくさん。
阿賀野川上流の景勝地、大川ラインの中央部に位置し、四季折々の渓谷美を楽しめる温泉郷、湯野上温泉。
お座敷列車やトロッコ列車も運行している会津鉄道に乗って、様々な観光地へどうぞ。

湯野上温泉の特徴

まるごと天然温泉郷かけ流しの湯
お肌サラサラ、スッキリ透明健康の湯

温泉より約半里(2km)奥に入ったところに大沢集落があります。
昔そこの加藤某という漁師が1匹の猿を射ったところその猿が手負いとなり、湯の原(湯野上)に来て入浴し、その傷をいやしたといわれ、そのことからこの源泉を猿湯と名付けたとされています。

泉質は弱アルカリ単純泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病に効き、
マイナスイオン濃度も高く、身体の芯から温めてくれます。

アクセス

湯野上温泉は東京、仙台、新潟から3時間ほどの場所にあり、日帰りでも楽しめる観光地でもあります。